一億総活躍社会に専業主婦を選んだわたし

専業主婦を選んだらいばらの道だった日々を綴りたい

時間はかかるけど必ず

立ち直る。

 

 

自分で自分を諦めたくない。

自分だけでも自分の味方でいなくちゃ。

自分。大切にしよう。

 

今までは、自分で自分を愛さなくても

無償の愛で包んでくれる父と母と兄弟たちと親戚と友人と…が、たーくさんいた。

いつでもどこでも、愛で包まれていた。

 

結婚して、実家を離れ、自分を知る人など誰もいない場所へ来た。

旦那さんという存在だけを頼りに

ココへ来た。

なにか足りない…この心細さはなんなん?

 

陸の孤島

 

私の心は、陸にいながら

誰もいない無人島にいる気分だった。

 

頼りの旦那さんが薄情なゲス人間と分かって

その心はさらに孤独になり。

 

そうか。。。

ココはみんなの愛が届かないんだ。

なんて有り難い環境だったんだろう。

実家。地元。愛おしいよ。

 

それにしても、自分ってどう大切にしてやったらいいかわからないや。

みんなの愛が見えない力になってた事に

今更気付く。。。ばか者だな。